最新情報

4部屋を1つの部屋にリフォーム

今回のお客様のご要望は部屋が狭いので、広く開放感のある空間にしたいとのご要望がありました。既存のお部屋はLDKと4畳半のお部屋が3部屋あり、細かく間仕切りがされていました。

before

仏壇置場


壁で塞がれている和室


収納


3畳の和室


LDKと隣り合わせの和室(間仕切りで区切られています)

以前増築をしたそうなのですが、その時は部屋がいっぱいあった方が良いと思い、小さなお部屋を作ったそうです。実際使ってみると非常に使いづらく、もっと解放感があるお部屋にしたいとリフォームを決めたそうです。

現場調査時には壁を壊すことができるかどうか、天井に点検口を設けて確認しました。壁は2.6mまででしたら開口できる状態でしたので、壁を壊して一部屋にする提案をさせていただきました。

after

仏壇のあった部分は可動間仕切り収納へ


収納はそのままに壁、扉を外し開放的空間へ


アクセントクロスの見切方のこだわりです


元の収納部を仏壇置場に。仏壇の奥は廊下から有効利用できる収納に。仏壇前は市松模様の半畳畳で落ち着いた空間をつくりました。


廊下からの収納閉めた状態 扉壁紙仕上げで壁と一体感


収納開けた状態

 

リフォーム前、お客様は完成のイメージがあまり判らず心配されていましたが、出来上がったものを見て非常に喜んでおられました。私としても非常に納得のいくリフォームができ、次の現場にも生かしていければ良いと感じました。

ご自宅の様々な状況に応じてご提案をさせていただきますので、お困りごとがございましたら川木建設へご相談ください。

タグ